皆さんはどんな時に歯科を受診されるでしょうか?

まだまだ日本では何か症状がある時に受診される方が多いのが現状です。悪くなってから受診する為に気分も重くなりますし、時間や費用も余計にかかってしまいます。そして何よりも大事な歯を削らなくてはならなくなってしまします。

生まれ持った自分の歯が一番使いやすく、また丈夫なのです。その大事な歯をより長く使い、残していく為には虫歯や歯周病にならないようにすること、そして進行しないようにすることが重要なのです。

統計では定期的にメインテナンスを受けてない人は平均して1年に2本の虫歯ができるというデータが出ています。

悪くなってからではなく、悪くならない為に歯科を受診する。これが「予防歯科」という考えなのです。
年をとったら歯はなくなるものだと思っている方が沢山います。確かに日本の現状では80歳で平均7.4本しかありません。

しかしアメリカであれば85歳で平均15.8本、スエーデンでは75歳で平均19.5本の歯が残っています。これは欧米諸国に比べ日本は予防という考えが遅れていたがために生じた差なのです。

つまり歯は残せないのではなく、残していないだけなのです。私たちは一本でも多くの歯を残していくサポートをしたいと考えております。