口腔外科・親知らず

親知らずとは

親知らずとは、前から数えて8番目の歯のことです。
親知らずは20歳前後に生えてくる場合が多く、正しく生えずに歯ぐきの中で横になってしまう場合もあります。
また、親しらずは生えるスペースが少ないため、歯ブラシが届きにくいので虫歯になりやすいですし、右下、左下の顎で横向きに生えている場合、手前(隣)の臼歯をおして歯列を悪くしたり、むし歯にさせてしまう場合もあるため、親知らずは抜歯をすすめられることが多い歯です。

しのはら歯科医院 口腔外科・親知らず

親知らずは必ず抜かなければいけないのか?

親知らずは必ず抜かなければいけないわけではありません。
ただし、歯は上下で噛み合っていないと歯の役割を果たしませんし、真っ直ぐ生えることも少なく、横向きに倒れて生えることもあり、汚れが残りやすいことから歯周組織が炎症を起こして歯肉(歯ぐき)が腫れて膿んでしまう原因にもなりやすい歯です。
一方で最近では再生医療が進化してきて親しらずを他の歯の場所に移植する方法もでてきています。
適応は、奥歯のみですが、残しておくという選択肢もでてきています。

親知らずの虫歯

親知らずが虫歯になった場合には、繰り返しボロボロと虫歯になるリスクがあり、他の健康な歯にも悪影響を及ぼす場合もあるので、抜歯を選択することが多いです。
親知らずは本来なくても良いとされている歯ですし、しっかりと生えて噛み合わせて使用することができる場合はかなり少ないです。
歯として使用することが難しく、虫歯になってしまった場合には抜歯することをおススメしています。
また、親知らずは虫歯だけではなく、歯周病にも大きな影響を与えます。
歯磨きが十分ではなかったりすると親知らずの下に細菌などが入り、そこから炎症が起き、始めは違和感が出てそのうち激痛が起きたり、歯茎の腫れが起きます。
また親知らずだけならまだしも、健全な他の歯にも影響を与えるという意味では、歯周病も非常に怖い疾患です。
親知らずが、真横に埋まっている場合などは、抜歯治療をしてもらったほうが安全です。

しのはら歯科医院 口腔外科・親知らず 親知らずの虫歯

親知らずと頭痛の関連性

親知らずは真っ直ぐ生えてくることは少ないため、他の歯を押しながら生えてきてしまうことがあり、噛み合わせに悪い影響を与えてしまうことがあります。
そして、噛み合わせのバランスが崩れると、顏の周りの筋肉のバランスが崩れてしまい、顎関節症になったり、頭痛の原因になってしまうのです。
また、親知らずがあることで歯並びの悪化しやすくなりますし、歯並び部分だけではなく、顔全体の印象が変化してしまうリスクもあるので注意が必要です。

しのはら歯科医院 口腔外科・親知らず 親知らずと頭痛

親知らずの抜歯

親知らずは抜歯をする日が決まると一日のうちに抜歯をすることができます。
その後、抜糸の必要があったり、翌日消毒に来院をお願いする場合がありますが、抜歯自体は1日で終了することができて、何度も通院することはありません。

抜歯後の注意点について

抜歯後は飲酒や激しい運動は避けましょう。
血流のめぐりが良くなってしまうと抜歯したあとに埋まる血餅が取れてドライソケットと呼ばれズキズキと痛みが出てしまうこともあったり、出血しやすい状況になったり、腫れやすくなってしまうので、熱いお風呂も避けてシャワー程度にしておきましょう。
また、麻酔を行うことも多いため、食事がしづらくなるなどの影響もでる可能性があります。
刺激の強い食事もしみやすい原因になってしまうので気をつけましょう。
また顎関節まで炎症が広がっていると、顎関節症で顎の関節の部位まで症状が出ますので注意が必要です。

抜歯後の腫れ

親知らずがほとんど出ていない場合には、歯茎を切開して抜歯します。
ある程度は腫れる場合もありますが、3日程度で落ち着くことがほとんどです。

親知らず抜歯の費用

親しらずの治療は基本的には保険治療の範囲内です。
ただし、矯正治療やインプラント治療や美容目的になってしまうと保険が適応できない場合もあります。
親知らずの生え方によっても少し料金が変わってきますが、保険診療の3割負担で3,000円~5,000円程度で抜歯することが多いです。

親知らずの得意な歯医者さんの見分け方

インプラントなどの外科処置に長けているか

インプラント手術を数多く行っている歯医者の場合には、設備が整っていることが多いです。
手術スペースとして個室のクリーンルームがあるとその空間は感染防止になって、かなり清潔な状態となり、抜歯の際でも安心して治療を受けることができます。
そして、インプラント手術を行う場合には、滅菌力を入れている歯医者も多いので、その点も安心です。
またインプラント手術などの外科手術を多く行っていると、外科手術を得意としていることが多いですし、インプラント手術は知識と技術と経験が必要な治療なので、症例が多いと抜歯も安心して任せることができる場合が多いです。
またインプラントは新しい技術が日々進化している分野なので、インプラント治療に関して勉強をしていることが多いです。
そのため、インプラント認定医を持っていると、学会などにも参加していたり色々な基準をクリアして認定される資格なので、広い知識を持って勉強しているポイントの1つになります。
親知らずを始めとした外科手術は院長が卒業した日本歯科大学付属病院の紹介状を書くことができます。
最先端の技術を持った病院を紹介できますので、診察にはお気軽にお越しください。

しのはら歯科医院 口腔外科・親知らず 歯医者の見分け方

Tel
Web予約